top of page

産業医とは?企業にとっての仕事や役割を解説!

産業医という職業をご存知でしょうか?


産業医は企業内で働く従業員の健康管理や労働環境の改善を担当する専門家です。


今回は、産業医の仕事や役割についてと企業にとってのメリットを解説していきます。


産業医は必ず選任するもの?


常時50名以上の従業員を使用している事業所は、産業医を選任する義務があります。


会社全体で50人以上ではなく、1事業所で50人以上になった場合なので注意が必要です。


これは労働安全衛生法第13条、労働安全衛生法施行令第5条により定められており、違反すると罰則になり、50万円以下の罰金となる場合があります。


また産業医選任後は14日以内に、産業医選任の報告をする義務が生じます。


従業員数が50人を超える前に探し始めるのが良いとされています。


また50人以下の企業でも健康経営の観点から、産業医または顧問医という役職で選任している場合があります。


事業拡大により将来に選任義務が生じるようなら早めに動いておくことが良いと考えます。


産業医の役割


産業医の主な役割は以下の通りです。


  1. 健康診断の実施: 企業内で定期的な健康診断を実施し、従業員の健康状態をチェックします。これにより、早期発見や予防のためのアドバイスや治療を行います。

  2. 労働災害の予防: 労働災害や職業病の発生を予防するために、労働環境の安全性を評価し、改善策を提案します。

  3. 従業員への健康指導: 生活習慣病の予防やストレス管理など、従業員の健康に関するアドバイスや指導を行います。

  4. 労働者のメンタルヘルスのサポート: ストレスやメンタルヘルスの問題に対処し、従業員の心の健康をサポートします。

  5. 法的規制への適合: 労働安全衛生法や労働基準法などの法的規制に基づき、企業が適切に運営されているかどうかを監視します。

産業医の必要性


産業医が重要な理由はいくつかあります。


最も重要なのは労働安全衛生法を遵守するためですが、近年では健康経営の観点から産業医が従業員の健康を守るだけでなく、会社の生産性・業績を上げることが期待されています。


  1. 従業員の健康維持: 健康な従業員は企業の生産性に直結します。産業医が健康管理を行うことで、従業員の健康状態を維持し、業務の適正化を図ります。

  2. 労働環境の改善: 労働環境の安全性や快適性の向上は、従業員の満足度やモチベーションに直結します。産業医が労働環境の改善策を提案することで、企業の労働者保護の観点からも重要な役割を果たします。

  3. 法令遵守: 労働に関する法令や規制は頻繁に変化します。産業医がこれらの法令に精通し、企業が法的なトラブルを回避できるようサポートします。


産業医の業務内容は労働安全衛生法安衛則第14条第1項に以下のように規定されています。。


産業医の職務

①健康診断の実施とその結果に基づく措置

②長時間労働者に対する面接指導・その結果に基づく措置

③ストレスチェックとストレスチェックにおける高ストレス者への面接指導その結果に基づく措置

④作業環境の維持管理

⑤作業管理

⑥上記以外の労働者の健康管理

⑦健康教育、健康相談、労働者の健康の保持増進のための措置

⑧衛生教育

⑨労働者の健康障害の原因の調査、再発防止のための措置


その他、月に1回の職場巡視や長時間労働者に対する面談など、従業員が健康的に働けるような職場を作っていくアドバイスを行っていきます。


自分たちに合った産業医を見つけるためには?


自分たちの企業に合った産業医の探し方は大きく分けて3つあります。


  1. 医療機関・産業医事務所に相談する 医療機関には産業医資格を持っている医師が所属している場合があり、産業医業務を受託している場合があります。医師によっては副業的に産業医を行っている場合があり、産業保健という専門性の観点からは十分でないことがあり、企業特有の背景に理解がない、メンタル疾患に弱いなど、業務的に行う場合があると聞きます。 お勧めは産業医として活動しているプロの産業医に相談することです。法律上の義務だけではなく、その企業に合った問題解決を行ってくれる、職場の健康のプロなので安心して依頼することができると考えます。

  2. 医師会に相談する 各地域にある医師会には産業医の資格をもった医師が所属しており、紹介してもらえる可能性が高いです。医師会に所属しているのは昔からの開業医か大学などの大きな病院に所属している医師が多い印象です。そもそも産業医が少ない地方都市では重宝できると考えます。

  3. 紹介会社に相談する 近年産業医を紹介する会社がビジネスとして増えてきています。メリットとして手続き等はすべて紹介会社の担当者がやってくれることが挙げられますが、紹介される産業医は未経験者からベテランまで幅広く、こちらも副業的に産業医をやっている医師が多い印象です。


まとめ


産業医は企業内で従業員の健康管理や労働環境の改善を担当する専門家です。


彼らの活動によって、従業員の健康状態が維持され、労働環境が安全かつ快適になり、企業が法的な規制を遵守することが可能になります。


企業の成長や従業員の幸福に貢献する重要な存在と言えます。



産業医の選任・変更はStay Fit Clinicにお任せください。


Stay Fit Clinicは経験豊かなプロの産業医が立ち上げた銀座線外苑前駅にある内科・心療内科です。


職場の健康問題解決に関する診察業務だけではなく、産業医業務も行っております。


法律上の義務をこなすだけでなく、健康経営の観点から従業員の健康と企業の業績を伸ばしていきたいとお考えの方はお気軽にお声がけください。


鍼灸治療、運動療法、キャリアカウンセリングなども行っているため、働く人々を包括的にサポートしていきます。




内科心療内科 メンタルクリニック

Stay Fit Clinic 院長 薮野淳也


閲覧数:44回0件のコメント

Comentários


bottom of page