top of page

自律神経失調症とは?症状と治療方法の理解

更新日:2023年12月11日


自律神経失調症は、現代社会で多くの人々が抱える健康上の問題の一つです。

この記事では、自律神経失調症の基本的な理解、主な症状、および一般的な治療方法について説明します。



自律神経失調症の概要



自律神経失調症は、自律神経系の調節機能が不均衡になることによって引き起こされる状態を指します。


自律神経系は、交感神経と副交感神経という2つの主要な神経部分で構成され、体内の機能を自動的に制御しています。


交感神経は、ストレス時や緊急時に活性化し、心拍数の上昇、血圧の上昇、血糖値の上昇などの反応を引き起こします。


一方、副交感神経は、リラックスや休息時に優位に働き、心拍数の減少、消化器官の活動増加、体内のエネルギーの保全などを促します。


これらの2つの神経は、バランスを保ちながら働くことで体内の機能を調整しています。


しかし、さまざまな要因により、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることがあります。


これによって自律神経失調症の症状が現れることがあります。


自律神経失調症の原因は多岐にわたります。


ストレス、不規則な生活習慣、遺伝的要因、環境の変化などが関与する可能性があります。


診断は、症状の詳細な調査や身体検査、必要に応じて神経機能検査などを行うことによって行われます。


自律神経失調症
自律神経失調症

主な症状と影響


一般的な症状には、以下のようなものがあります:


1. 自律神経の過剰な反応: 頻尿、便秘、下痢、動悸、息切れ、手足の冷えやほてりなどが見られることがあります。


2. エネルギーの低下と疲労感: 慢性的な疲労感や倦怠感が現れることがあります。


3. 睡眠障害: 不眠や過眠、深い眠りの欠如などの問題が生じることがあります。


4. 消化器の問題: 食欲の変動、胃痛、腹部膨満感、胃酸過多などの消化器の不調が起こることがあります。


5. 心理的な症状: 不安、うつ状態、集中力の低下、イライラ感などの心理的な症状が出現することがあります。


上記の症状が強くなると、もちろん日常生活や社会生活に影響を及ぼすことになります。


仕事中に吐き気がしたり、電車に乗っている時にどきどきしたりなど、その症状は多岐にわたるのが特徴です。



自律神経失調症の治療方法


自律神経失調症の治療方法は、症状の軽減や管理を目指すことが一般的です。


以下に一般的な治療方法のいくつかを挙げます。


ライフスタイルの改善:

  • ストレス管理: ストレスを軽減するためにリラクゼーション法や瞑想、深呼吸法などのリラクゼーションテクニックを取り入れましょう。また、自分に合ったストレス解消法を見つけることも重要です。

  • 睡眠の改善: 睡眠の質と量を改善するために、規則的な睡眠スケジュールを作り、快適な寝室環境を整えましょう。また、リラックスするためのルーティンや睡眠前の習慣を取り入れることも有効です。

  • 適切な運動: 適度な運動は自律神経のバランスを調整し、ストレスを軽減する助けとなります。ウォーキング、ヨガ、水泳などの軽度から中度の運動を取り入れましょう。


心理療法:

  • 認知行動療法 (CBT): CBTは、思考パターンや行動を変えることに焦点を当てた心理療法です。不安やうつ状態の管理に効果があります。

薬物療法:

  • 抗不安薬: 不安や緊張を軽減するために一時的に処方されることがありますが、短期間の使用に制限されることがあります。

  • 抗うつ薬: 不安やうつ状態の症状の管理に使用されることがあります。医師の指示に従って適切に使用されるべきです。

  • 睡眠薬: 睡眠が乱れている場合には使用されることがあります漢方薬: 症状と体調に合わせて以下の漢方薬が処方されることがあります。

  1. 補中益気湯(ほちゅうえっきとう): 体力の低下や倦怠感、消化器の不調が見られる場合に使用されることがあります。

  2. 四君子湯(しくんしつう): 食欲不振、疲労感、体力の低下など、全体的な体のバランスを整える目的で使用されることがあります。

  3. 柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう): 不安やイライラ、うつ状態に伴う体の不調を緩和するために使用されることがあります。

鍼灸療法:

自律神経のバランスを整えるために鍼灸療法を受けることが考慮される場合があります。


当院では一般的な薬物療法だけではなく、鍼灸治療と運動療法に力を入れています。


鍼灸の東洋医学的アプローチで自律神経失調症の症状を緩和していきます。


また、連携施設であるCrossFit Aoyamaでの運動療法により、自律神経のバランス改善とストレス発散による治療を試みます。


近年の研究では運動は身体だけではなく精神的な症状にも効果があると発表されており、当院は日常生活で運動することを積極的に勧めています。



体調不良の原因が「自律神経失調症」だと思ったら


ステイフィットクリニックは銀座線外苑前駅徒歩4分に位置する青山・表参道・外苑前エリアの内科心療内科です。ビジネスパーソンのための仕事上の体調不良改善を得意としています。

現在当日初診受付中で、最終受付は20時となっています。当院は症状によっては当日の診断書発行も可能です。 薬だけではなく、漢方薬や鍼灸、運動療法にも力を入れています。 症状が仕事業務に影響しているようなら休職の診断書発行も相談可能です。


初診を希望される方は以下の初診フォームから申し込みください。





内科心療内科 メンタルクリニック

ステイフィットクリニック 院長 薮野淳也


閲覧数:442回0件のコメント

Comentários


bottom of page